ひざ下脱毛の狙い目キャンペーンは

 

オススメ!をする女性

脱毛へ通うなら絶対に利用したいのが、初回限定のキャンペーンプランですね。

 

特にひざ下は人気部位なので、毎月いろんなサロンなどでキャンペーンをやっていることがほとんど。

 

目先の安さだけではなく、本プランの価格や回数、システム、店舗数などから判断しておすすめのお店をまとめました。

 

どのプランも比較的長期間実施されていますが、急に終わる可能性はあります。(本当に何の前触れもなく変わります)

 

プランが変わるのは月をまたぐ時なので、検討中の方はタイミングを逃さないよう気をつけてください。

 

お得なキャンペーンを利用して、ひざ下脱毛をばっちり成功させましょう!

マーキング用白背景

 

ひざ下脱毛キャンペーンランキング

ジェイエステティック

毎月必ず、部分脱毛のキャンペーンプランがあるジェイエステティック。今月はワキに加えて好きな部位を(1つ)脱毛できるので、ひざ下の選択が可能に。

 

ただし回数は少ないので大きな期待はできません。

 

他のサロンがいわゆる「月末商法」(対象期間が月末まで、と書いてあっても翌月以降も継続している)が多い中、ジェイエステは毎月必ず特典内容が変わっていくので注意。

 

ジェイエステは本プランでも足だけ、腕だけ、足と腕、うなじなど部位のセットプランが充実しているので、やりたい部位だけを極めたいという目的にもぴったりなサロンです。

 

通常の脱毛価格もかなり安めなので、コスパ面でじっくり通うサロンとしてはかなりイイ線を行ってると思います。

 

ジェイエステ公式ページへ

脱毛ラボ

「選べる部分脱毛」 脱毛ラボのこのプランはめちゃくちゃ得な価格設定になっています。ひざ下をはじめ足の甲や指、太ももなど足丸ごとカバーできても余る24箇所をなんと月2,235円の定額制で脱毛可能。

 

さらにはじめた月から6ヶ月は無料なので、1年間のトータルコストはなんと13,410円。これだけの部位ができてこの値段は他のサロンにはない超破格。

 

他社の一部位料金で12部位をしっかり脱毛できるといっても決してオーバーではないほど。

 

あと、脱毛器が新しくなって施術時間が今までの半分になったのも見逃せないポイント。仕事終わりに通うなら少しでもスピーディーな方がいいですよね。

 

営業時間も夜22:00までと長いので時間に融通が効くのもメリット。

 

ただし、サロンの雰囲気はエタラビやミュゼなどに比べるとかなり簡素なのは事実で、エステ然とした上質感は乏しいです。

 

とはいってもプランの魅力や脱毛器の性能など、トータルに考えると脱毛ラボが文句なしの1位だと思います。

 

脱毛ラボ公式ページへ

銀座カラー

ひざ下や足全体を月々の支払が少ない月額プランで通える銀座カラー。

 

追加料金がいっさいかからず実質永久保証になる脱毛し放題プランを選ぶこともできます。

 

その分値段は上がりますが、オーバーに言えば一生レベルで通えるというのは値段分の価値があると思います。

 

キスマイの藤ヶ谷太輔さんの広告でおなじみの銀座カラーは老舗の大手サロン。

 

新型の脱毛機を導入して施術スピードアップ、保湿ケアもオリジナルのマシンを用意するなど充実のサービスを受けられる脱毛専門サロンです。

 

銀座カラー公式ページへ

TBC

TBCは少なくとも数年間ずっと「全身から1〜2部位を選んで格安脱毛」できるお試しプランを用意しています。

 

しかも女性専用脱毛サロンではTBCくらいしかない「ニードル脱毛」の体験も可能。その場でムダ毛がなくなるので急いで脱毛したい方にぴったりです。

 

ひざ下だけでなく顔、VIO、ワキなど部位脱毛のセットプランが多いのも特長です。

 

TBC公式ページヘ

レイビス

レイビスも去年からずっと、ひざ下を含む3箇所を選んで1,000円で脱毛できる、というお得なプランをやっています。

 

部位脱毛セット、月額制の全身脱毛、月額制の部位脱毛とプランの豊富なレイビスですが、通常コースの料金がちょっと高めなのがネック。
また格安プランも限られた店舗だけでやっているので注意が必要です。

 

レイビス公式ページへ

安く試すならジェイエステ

ジェイエステ

 

たった600円で5年間の無料保証(ワキ)が付いているジェイエステ。

 

ワキを施術済みの方には響かないプランですが、そうでないならついでにできるレベルを超えているので俄然魅力的なキャンペーンです。

 

また家族や姉妹で通うと50%OFFになったり、2名で通うと割引になるペア得など、お得な特典もいろいろ。

 

ジェルに頼らない冷却ヘッドを使った脱毛器だから、施術時の痛みもほとんどないと好評です。

 

実は全国に100店舗以上!

 

ジェイエステは派手なCMを打たないのでそこまで目立っていませんが、実は創業35年以上の歴史があり、店舗数はなんと全国に100店舗以上。

 

ジェイエステの店舗

 

通常プランの価格帯がほかの大手より安めですし、お試しもできるジェイエステはひざ下を脱毛するのにぴったりのサロンです。

 

矢印アイコン

ジェイエステ公式ページヘ

 

マーキング用白背景

脱毛ラボの目玉プランがすごい

脱毛ラボ

 

やっぱり、全部で12箇所も脱毛できるプランが月額1,980円なのは魅力的です。

 

しかも脱毛ラボの月額プランは銀座カラーやエタラビのような回数パックの分割払いとは異なり、文字通り通う回数も自由の月額制なので、自分の裁量で通う期間をコントロールできるのがポイント。

 

月額2,490円プランのポイント

 

この2,490円プランは最低4ヶ月以上の契約という条件はありますが、毎月の負担の少なさでいえば全サロンのレギュラープランの中でも最強といっていいと思います。

 

あと、回数パック契約のみとなりますが、上限10,000円まで交通費を負担してくれるのもなかなかスゴい仕組み。そんなサロンは脱毛ラボ以外にありません。

 

残った部位の買取制度など何かと企画プランの面白さが目立つ脱毛ラボですが、脱毛器をリニューアルして施術時間が短くなったりと、設備・サービス面でも強化していて隙のない存在です。

 

矢印アイコン

脱毛ラボ公式ページへ

 

一部位をやりつくすなら通い放題プラン

通い放題によろこぶ女性

 

通常の6回とか10回とかのパックプランの問題は、終わった後でまた毛が生えてきた場合、また追加料金を払って通う必要があることです。

 

永久脱毛ではないサロンのフラッシュ脱毛の場合、これがあり得るんですね。

 

脱毛サロンが行ったアンケートによると、通い終わってからまたムダ毛が生えてきて通い直した人が全体の60%以上もいるそうです。

 

せっかく脱毛したなら、ずっとツルツルを維持したいというのが当然の気持ちですよね。

 

そのためには通常のパックプランだと満足いかない可能性があるということです。

 

追加料金いっさいナシの通い放題プラン

 

脱毛後の状態に対する不安を解決するのが、追加料金いっさいなしの通い放題プラン(回数無制限プラン)です。

 

このプランは、最初に決まった料金を払えば、あとは何回脱毛しても追加料金が発生しません。

 

言い換えれば「永久保証」ということですね。サロンが存在するかぎり、それこそ一生面倒を見てもらえることになります。

 

もちろんその分、料金は回数パックより高めになります。全身脱毛ですと30万前後が平均的な相場です。

 

ひざ下一箇所なら通い放題はあり

 

金銭的なことでいうと、全身だとかなり高額になる通い放題プランですが、1部位ならそこまで費用はかかりません。

 

回数無制限プランと通常のパックプランのどちらもやっている銀座カラーだと、ヒザ下の場合8回で42,000円、脱毛し放題で75,200円です。

 

銀座カラーの脱毛し放題プラン

ひざ下脱毛のキャンペーン情報局!【通い放題がおすすめの理由】

 

その差は33,200円。

 

これを大きいと取るか小さいと取るかはもちろん人それぞれですが、ずっと通い続けられる安心を考えると、脱毛し放題プランは十分割安なのではと思います。

 

銀座カラーはひざ下など単一部位はもちろん、足全部、腕全部といったセットや全身脱毛もすべて通い放題プランを選ぶこともできます。

 

料金は月々に分割(金利なし)もできるので、一部位を徹底的にやるならおすすめできるサロンです。

 

矢印アイコン

銀座カラー公式ページ

 

ムダ毛が気になるのは膝下だけ?

ここまで書いてきたことのちゃぶ台をひっくり返す感じになるんですが、2016年現在の各社の状況からいうと、膝下など部分脱毛のメリットはかなり減っています。

 

なぜなら、部位数で換算すれば圧倒的な割安レベルで、全身脱毛ができてしまうからです。

 

具体的にいえばキレイモの全身脱毛プラン。

 

33部位が6回ずつできて128,000円ですが、同じ部位を単独でやったら総額は何倍も高くなりますし、2〜3部位とかでも近い金額になると思います。

 

昔は全身脱毛がかなり高かったので部位を絞る意味もあったんですが、今の状況だと「どうせならまとめて全身やる」ほうが間違いなくトクです。

 

しかも全身脱毛は月額制を選べるサロンがほとんどなので、回数が余ったり足りない、なんてことも起きません。

 

抜けていくペースに合わせてムダなく通えるので効率的です。

 

ここ数年新しくオープンしたサロンのほとんどが全身脱毛専門なのも、需要の流れから判断すると当然の流れともいえます。

脱毛のタブー「日焼け」紫外線は×

ひざ下脱毛のキャンペーン情報局!【通い放題がおすすめの理由】

 

光脱毛器から出される光はムダ毛の黒い色に反応します。

 

肌に照射すると毛根周辺のメラニンが光を取り込み、熱エネルギーに変換することで発毛細胞を破壊し、再生を抑える仕組みです。

 

一方、肌は強い日差しを浴びると、有害な紫外線を吸収しないためにメラニン色素をつくりだします。色素はやがて褐色となり、いわゆる日焼け状態の肌へと変化します。

 

肌が日焼けをしていると、光脱毛器は肌の黒さにも反応してしまいます。

 

抜きたいムダ毛だけを狙って照射することが難しくなり、皮膚まで光を当ててしまう可能性が高くなるのです。

 

このため、光脱毛を受ける過程において日焼けは厳禁と言われています。せっかくの脱毛が失敗に終わるどころか、肌にまで大きなダメージを与えてしまいます。

日焼けは肌の炎症であることを認識する

日焼けした肌

 

日焼け後の肌は、軽度の炎症を引き起こしている状態です。そこに光脱毛器の光が当たると肌に過度の刺激を与えることとなり、皮膚のダメージがさらに悪化してしまいます。

 

皮膚炎など深刻な症状を避けるためにも日焼け後に光脱毛の施術を受けるのは絶対に避けるようにしましょう。

 

もし施術に行ってから脱毛箇所に日焼けが見つかったとしても、「日焼け肌への光脱毛器の使用」は禁止されているので、確実に施術を断られることになります。

 

また、日焼けをしないように日焼け止めを塗った状態で施術に向かうと、毛穴の黒い部分がクリームで隠れてしまい、脱毛の効果が弱くなります。

 

当日日焼け止めをしている場合は、店舗スタッフにそのことを必ず伝えるようにしてください。

日焼けを防ぐには日常的な取り組みが大切

真紅の和傘

 

光脱毛を考えているなら、日常的に日焼け対策しなければいけません。

 

日焼け止めクリームや化粧品に加えて、日傘をさす、帽子を被る、アームカバーを着用するなどUVカット対策を万全にしましょう。

 

全身のうち、施術予定の箇所は特にしっかりとした対策が必要です。

 

なお、あまり知られていませんが日焼け対策は身体の中からも可能です。特にビタミンC、Eは、紫外線によるメラニンの生成を抑えるとされている栄養素なので積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンCは色素沈着を防ぐ働きもあり、いちごや柑橘類に多く含まれます。ビタミンEなメラニンを排出してくれる栄養素で、ごまやナッツ類、のりなどに多く含まれます。

安いキャンペーンに潜む落とし穴

電卓を持つ女性

 

最初の数回がお試しでできるひざ下脱毛キャンペーンはたしかに魅力的です。

 

ここ最近、脱毛エステサロンの認知度がかなり高まりました。トリンドル玲奈やローラなど人気タレントのCMもすごいですよね。

 

それに伴い、光脱毛とはどういう仕組みかというのもだいぶ認知されてきました。大きな特徴は「すぐに効果は出ない」ということですよね。

 

ここを正しく認識しておかないと、後で困ったことになるというお話です。

 

初回限定のおためし脱毛が安い所は、総じてそのあとの料金が割高なところが多いのです。さらに1回いくら、という単発脱毛が多いのも特長です。

 

具体的にはエピレ、レイビスなどですね。

 

人によって差はありますが、脱毛効果を感じるには6回〜10回くらいが必要です。となると当然ながらキャンペーンプランだけでは足りません。

 

ですので、しっかり通うならそのあとの分の料金も計算にいれてトータルで考えることが大切です。目先のお試しだけに釣られると結局割高なサロンを選んでしまう・・・ということにもなりかねません。

そこで銀座カラーのひざ下月額プラン

銀座カラーにはこんなプランがあります。

 

銀座カラー足全セット

 

今採用するサロンが増えている「月額プラン」ですが、銀座カラーは唯一、足など部位ごとの月額プランがあるんです。

 

いままで月額料金システムというと全身脱毛しか選択肢がなかったので、部位だけをやりたい人には意味のないプランでした。

 

銀座カラーなら、回数にして6回相当の足脱毛を、毎月ムリのない支払いでできます。

 

しかもこの合計額がかなり安め。安心の全額返金保証もついています。

 

銀座カラーはいうまでもなく老舗ですし、料金以外にも満足度の高いサロンなので、お試しではなくしっかり通うのにもぴったりだと思いますよ。

クーリングオフ制度を知っていますか?

両手で×をして拒否する女性

 

従来のような強引なセールストークによる勧誘・契約はなくなったものの、エステティシャンの押しの強さは人によって異なるので、思わず勢いに押されて・・・ということがないとも限りません。

 

その契約内容が思っていた通りで満足のいくものなら何ら問題はないのですが、いざ通い始めてみると「こんなはずじゃなかった」となった場合は注意が必要です。

 

また、たとえば大学生の方がキャンペーンプラン目的でカウンセリングに行き、そこで10万円の本コースを契約したとしても、家に返ってから親に反対されて計画が白紙に、なんてこともあります。

 

通常は、契約が成立したというのはその契約を守って実践するのが原則です。

 

とはいえ、どうしても納得いかないからやっぱり契約解除したい、というケースも考えられますよね。

 

この救済措置にあたるのが、クーリング・オフ制度です。

 

文字通り頭を冷やしてもう一度考えなおした時に、「やっぱり・・・」を後押ししてくれる政府の決めた制度です。

 

クーリング・オフはすべての商取引でできるわけではなく対象が決まっているのですが、脱毛エステサロンはもちろん対象になります。

 

正確な条件をいうと、1ヶ月を超える期間で5万円以上の契約の場合、クーリング・オフ制度の対象となり、契約日もしくは法定書面を受け取った日から8日間は自由に契約解除ができます。

 

クーリング・オフの手続き方法は?

 

クーリングオフは電話で申し込むことはできず、必ず書面でのやり取りになります。

 

はがきなどの裏面に以下の記入例のような感じで必要事項を記したクーリングオフ通知書を作り、「特定記録郵便」もしくは「簡易書留」などで送付してください。

 

記入例

ひざ下脱毛のキャンペーン情報局!【通い放題がおすすめの理由】

 

(※)上記の記入例は国民生活センターのものをお借りしています。

 

この書面は送る前に必ずコピーを取り(両面とも)、5年間はなくさないよう大切に保管しておいてください。

 

クーリングオフは私たち消費者に認めたれた正当な権利なので、理想で言えばそもそも疑問の残る契約をしないことですが、どうしても納得いかない場合や状況が変わった場合は活用しましょう。

効果の強さで医療レーザー脱毛も人気に

レーザー脱毛

 

エステのフラッシュ脱毛の上位概念的な存在が、医療レーザーを使った脱毛です。

 

広い範囲に光を照射する「面」のイメージがフラッシュだとすれば、狭い範囲に強力な波長のレーザーを照射する「点」のイメージです。

 

レーザーは効果も強く、その人の毛量や体質にもよりますが、およそ光脱毛の半分の回数で脱毛が完了します。

 

しかも終わってからの効果が長続きするのもメリット。ムダ毛のないツルツルの状態が続くので、完ぺきではないですが永久脱毛に近い効果も得られます。

 

ただし、費用はやはり高め。部分脱毛で15万〜、全身脱毛で35万〜くらいが相場に。

 

また、威力が強い分やけどや肌の炎症などのトラブルが起きやすくなります。痛みも総じて強めで、女性ならVIO、男性ならヒゲなどはかなりの痛みを伴います。

 

医療レーザーは文字通り美容外科などの医療機関(クリニック)でしか施術を受けることはできませんが、家庭用に出力を抑えた自家用レーザーの脱毛器もあります。

 

関連記事⇒レーザー脱毛は永久脱毛!?強いエネルギーで毛根にダメージ

ムダ毛処理が必須!な職業とは

ムダ毛処理をしたほうがいいというより、しないと仕事に支障があるレベルでツルツル肌の必要性が高い方もいらっしゃいます。

 

たとえば、以下のような職業の方ですね。

 

ボディビルダー

マッチョな人

極限まで筋肉を発達させ、その美しさを競うボディビルダー。

 

ボディビルのコンテストは、そんな鍛えられた肉体美を様々なポージングで表し、それを評価される競技になっています。

 

いかに美しい肉体美を審査員の人に認めてもらう事ができるかを競う競技の為、ボディビルダーの体には、ムダ毛がありません。

 

ボディビルダーは、コンテストに出場する際、水着一枚しか身に着けていません。しかも、体を美しく見せる為、その水着もとても小さなものになっています。そんな、水着の為、デリケートゾーンの脱毛は必須です。

 

また、その他のムダ毛においても、毛がある事で、筋肉を美しく見せる事に支障を及ぼす事から、脱毛を行っています。ムダ毛がなくなる事で、筋肉の凹凸もくっきりわかりやすくなるのです。

 

その他、脱毛を行う事で、清潔な印象を審査員に与える事も可能になってきます。

 

このような事から、多くのボディビルダーは、全身の脱毛を行っているのです。

 

自転車競技の選手

自転車選手

ロードレースや競輪、クロスカントリー、ダウンヒルなど自転車競技の選手が脱毛する理由としては、まず、空気抵抗をなくす為と言う事が言えます。

 

少しでもタイムを縮める為に脱毛し、空気抵抗をなくすのです。そうする事で、例えコンマ1秒でもタイムを縮める事ができ、勝利に1歩近づく事ができるのです。

 

その他、万が一のケガに備え脱毛する事も多くなっています。自転車競技においては、自転車での転倒も非常に多くなっています。

 

その際、ムダ毛がある事で、傷口にバイ菌が入りやすい環境になってしまいます。

 

また、ムダ毛がある事で、その後の治療の妨げにもなりかねません。そのような事から、万が一のケガに備え、脱毛を行う事が多くなっているのです。

 

このような、タイムの縮小の為や万が一のケガの備えに加え、やはり、多くのギャラリーが見守る中での競技となる事から、見た目を重視し、脱毛を行う事も多くなっているようです。

 

水泳のインストラクター

プール

水泳のインストラクターの場合、毎日のように人前に出て、水着で仕事をする事になります。

 

その際、やはり、ムダ毛処理は、生徒に対し必要最低限のマナーになってきます。

 

特に水着から出るデリケートゾーンの毛やワキなど毛の脱毛は必要不可欠で、多くのインストラクターの人が、行っている脱毛箇所になります。もちろん、腕や脚の毛においても、見た目を考え脱毛を行う人がほとんどです。

 

水泳のインストラクターの場合、自分の泳ぎを手本に生徒に見てもらう事からも、やはり、見た目を重視し、脱毛を行う人が多くなっていると言えると思います。

 

何年か前に、銀座カラーのCMで競泳選手が背泳で泳いでいるシーンがありました。

 

その他、水泳のインストラクターの場合、選手時代にも脱毛が必要になっています。その為、選手時代に脱毛サロンなどで永久脱毛を完了している人も多くなっているようです。

 

モデルやグラビアアイドル

モデルさん

少しでも可愛く、美しく見せる事が仕事のモデルやグラビアアイドルには、脱毛は欠かす事ができません。

 

モデルやグラビアアイドルは、様々な衣装や水着。時には、下着だけでの撮影などにも臨まなければいけません。

 

その際、ムダ毛がある事で恥ずかしい思いをする事や自分自身を美しく見せる事が出来ない場合も考えられます。

 

また、脱毛する事で、肌をきれいに見せる事ができるほか、くすみがなくなりワントーン明るくさせる事も可能になってきます。

 

このように、自分を少しでもきれいで美しく見せる為に、モデルやグラビアアイドルにとって、全身の脱毛は欠かす事ができないと言えるのです。

 

そして、多くのモデルやグラビアアイドルは、自己処理ではなく、脱毛サロンなどでの全身脱毛を行い仕事に臨んでいるのです。

 

脱毛サロンで全身脱毛を済ませておく事で、肌への影響を最小限に押さえ、いつでも美しい肌で仕事を行う事が可能になってくるのです。

 

ビジネスマン

ビジネスマン

一見、ムダ毛処理など必要ないかのように思えるビジネスマン。

 

しかし、身だしなみが大切なビジネスマンにとって、今では、ムダ毛処理も、そんな身だしなみの一つになりつつあるのです。

 

一昔前までなら、身だしなみの一環として手入れが必要だったのは、顔のヒゲだけだったと思います。しかし、最近のビジネスマンは、ヒゲの処理だけではありません。

 

例えば、スーツを着ていても見えてしまう手の甲のムダ毛。人の目に一番振れやすい場所と言う事もあり、多くのビジネスマンが手の甲のムダ毛処理を行っています。もちろん、手の指の毛の処理も行っています。

 

その他、クールビズが盛んになっている近年では、半袖で出勤するビジネスマンも増え、それに伴い、腕の毛のムダ毛処理やワキの毛のムダ毛処理を行う人も多くなっています。

 

このように、女性同様、人に見られる場所においては、ビジネスマンの身だしなみマナーとして、ムダ毛処理を行う事が多くなってきているのです。

 

とは言っても、女性のように全身脱毛を行うほどではなく、あくまでも、見えるところだけといった必要最低限のムダ毛処理が多くなっています。

脱毛”知っ得”コラム Vol.1

ご存じですか?ひざ下脱毛はワキについで人気の高い場所なんです。ハーフパンツとかレギンスとかが流行っているのも後押ししている気がします。厚着になる冬はいいですが、春先あたりからひざ下を脱毛する人は急に増えていきます。毛が伸びるのが早い場所ですし、処理も面倒ですよね。よく失敗したのか、毛穴がポツポツ赤くなっているひとやカミソリ負けを起こしている人もいます。ついお金もかからず家でできるので処理してしまいがちですが、脱毛のプロから見れば自分ではアンタッチャブルな場所とくらい意識しておいたほうがいいです。

 

処理に失敗しても目立たない場所ならいいですが、ひざ下などモロ見えですし。夏はもちろん、海やプールでも傷や赤みだらけの足をさらしたくないですよね。いくら毛がなくなっても肌にトラブルを抱えてしまうと意味ないですし。あと頭かくして尻隠さずというか、意外と皆さん忘れてしまうのが「足指」「足甲」の脱毛。サンダルを履くとムダ毛を見られてしまいます。忘れないようにしっかり処理したいところです。

 

ひざ下脱毛の光エステは、各社さまざまなキャンペーンを展開しています。料金、回数、期間などまさに各社バラバラ。パッと見て結局もっとも得なのがどこか判別がつきにくいです。たとえばA社は3回2000円、B社は4回3000円、C社はワキがセットで2回2500円、D社は半年間期限で通い放題4000円とか・・・(これはあくまで例ですので実際のプランにはありません)。こんなのをずらっと並べても、結局どこがいちばん有利なのか判断つかないですよね。だからこそ、このサイトでは回数あたりの単価を独自に計算したり、表を工夫したり、比較がしやすいよう工夫していますのでぜひご参考になってください。